読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登山とマラソンのブログ

登山だったりマラソンだったり…。果てしない夢を追い続けます。

ロードバイクとクロスバイクのメリット・デメリットについて。物欲が疼きます。

 f:id:trail_mountain:20170405221325j:plain

最近、ロードバイクの購入を考えています。実はこれが初めての購入欲ではなく、定期的にロードバイクが欲しいなーと感じ、各メーカーのHPをサーフィンしていました。

今までロードバイクを所有したことはありませんが、クロスバイクには乗っていました。クロスバイクに乗っていると、やはりロードバイクのスピード、洗煉されたフォルムに魅力を感じてしまいます。しかし、なかなか購入に踏み切れずにいるのはクロスバイクにも魅力を感じているからです。

「そんなもん、どっちも持てば解決するじゃん。」

それが出来ればいいのですが、2台分の整備をするって大変なんですよね…。そこまで自転車命って感じでもないですし、どちらかというと登山とマラソンがメインの活動ですしね。

 

 

今回は自分の中で整理をつける意味も含めて、ロードバイククロスバイクの良い点、悪い点を挙げてみます。

ロードバイクについて

良い点

・かっこいい。

・巡航速度が速い。

・ドロップハンドルは握る手の角度を変えられるため、ロングライドの疲労を抑えられる。

それなりの価格のため所有欲が満たされる。

悪い点

・非常に高価。初期投資はともかく、軽量化にハマると湯水のごとくお金が消えていく。まさに沼。

高価故に盗難されやすい。ツーリング先でゆっくり昼食!って気分には恐らくならない。

・「速く走らないといけない」という自分自身へのプレッシャー。マラソンをやっていると尚更感じそう。

クロスバイクについて

良い点

・比較的安価。高いものでも10万円に納まる。

・安価故に盗難に遭った際のショックは少なくて済む。(思い入れがあれば当然ショックは大きくりますが…)

 →ツーリング先でのんびり昼食ってことも多少はやりやすくなる。

・38cの太いタイヤまで履けるため、舗装路以外の走破性が高い。(且つMTBより舗装路は速く走れる)

・前傾姿勢が強くないのでゆっくり走ることができる。

悪い点

・巡航速度が遅い。(良い点の裏返し)

・ストレートバーハンドルなのでロングライドをすると腕の疲労が大きい。(バーエンドバーを付けることで多少は軽減できる)

ロードバイクが欲しくなる。

結局ロードバイクは購入するのか

それぞれの良い点、悪い点を挙げて、個人的に大きな要素はフォントや色を付けました。こうして比較すると、やはりクロスバイクで足りるのではないかと感じてしまいます。
走破性についてはグラベルロード(ディスクブレーキ)やシクロクロスを選択することでスピードと両立できます。しかし、これらは良く言えば万能。悪く言えば中途半端です。価格は中級ロード(20~30万円)と大差ありません。同じ金額を出して走行性重視と走行性、走破性の両立のどちらかと言われると、非常に迷ってしまいます。

こうして答えの出ない問いで迷っている間に、熱が冷めるんだと思います。そして、しばらく経つとまた欲しくなるのでしょう。(笑)

今後も葛藤は続きそうです。